作業者

屋根塗装を利用してみよう|雨漏り対策はお早めに

出来る事が限られる

作業員

屋根の修理代を節約する為に、DIYで直そうと考える方も少なくないようです。DIYで直した場合の相場は、数万円程度で済みます。ただ、DIYだと修理できる事が限られている、場合によっては怪我をしたり死亡する恐れもあります。このような事から、屋根はDIYではなく業者に頼み修理してもらう事をおすすめします。

屋根の工事

家

京都で屋根工事を依頼するときには、まず業者に問い合わせをして現地調査を行ってもらいます。業者は現地調査の結果に合わせて、屋根工事のプランを提案してくるため、プランの内容に納得できれば契約を結び工事を行います。

屋根を大切にしよう

一軒家

強い日差しや雨から守る屋根に関する工事が近年盛んで、京都府も例外ではなく府内には多くの屋根工事の業者が展開しています。その選び方はスタッフが親切か、職人のスキルは十分か、施工後の体制が万全かが挙げられます。ポイントは複数社へ声をかけることです。費用は標準的な一戸建ての場合で概ね10万円前後です。

塗装のメリット

屋根

塗装の必要性と効果

屋根塗装は紫外線や風雨の影響を直接受け続けるため塗装が劣化しやすい場所の1つです。しかし、屋根の状態を目にすることがないため、劣化や傷みに気付きにくく見落としがちです。塗装が劣化すると屋根材に水が浸み込み屋根材を腐らせます。また、屋根裏に水がたまるようになり雨漏りの原因になってしまいます。雨漏りに気づいて屋根に上ると落下の危険がありますから絶対に止めましょう。また。知識のない一般人が瓦や屋根材を触ると状況が悪くなる場合があります。屋根塗装は知識と技術を持った業者に任せることが大切です。雨漏りなどの被害が起ってからでは、住宅内部の補修工事も必要になり工事費用が増えていまいます。このような被害が起こる前に定期的な屋根塗装を行い屋根塗装の防水効果を維持するようにしましょう。塗装で使われる塗料の防水効果は、耐久年数が短いもので5、6年、長いもので15〜20年となっています。一般住宅では耐久年数が10年ほどのウレタン系塗料で屋根塗装をしています。近年では、耐久性が高く光沢に優れたシリコン系塗料を使用する住宅も増えています。屋根塗装は防水効果が主な目的ですが、美観の面でも大きな役割を果たしています。屋根塗装の色は外壁塗装の色とのバランスが難しいので業者に相談して色を選ぶようにしましょう。業者に屋根塗装を依頼するときは外壁塗装の状態も確認して貰います。屋根塗装と外壁塗装を行えば建物全体の防水効果を更に高めることができます。